テキストエディタ

用語の解説

テキストエディタとは

(text editor)
テキストエディタとは、テキストデータを保存しているファイルを編集するためのアプリケーションソフトのことである。
単にエディタとも呼ばれる。 テキストエディタは、基本的にテキストファイルを読み込み、文字の入力、挿入、消去、移動、置換、複写、修正など、文字を編集するための機能だけを持っている。 少し高度になると正規表現やコードの色別表示なども可能になる。 文書ファイルを作成・編集するものにはテキストエディタのほかにワープロソフトがある。 ワープロソフトとテキストエディタとの違いは当初の目的であり、テキストエディタは元々ソースコードを記述するために使われていたもので、ワープロソフトは原稿を作成するために用いられてきたという違いがある。 テキストエディタを発達させて、印刷用の設定機能や多様な装飾機能などを付け加えたものがワープロソフトとして成立したということもできる。 パソコンには標準的なテキストエディタが備わっていることが多く、Windowsでは「メモ帳」、Mac OSでは「テキストエディット」などが初めから搭載されている。 メモ帳のようなシンプルで簡易なテキストは、ディスプレイ上にメモを残したりメールの原案を書いたりといった用途に用いられることも多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]