編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

TCO

用語の解説

TCOとは

(ティーシーオー,総所有コスト,)
TCOとは、機械などを保有する際にその購入費用だけでなく、使い続けるための費用なども含んだ総コストのことである。
情報システムの世界では、システムの構築以外にメンテナンス、スタッフの教育、サポートなど、使う過程で発生するコストなどもすべて含めたコストのことを指す。 もともと情報システムのコストは、初期投資しか気にされることがなく、その後の運用にまつわるコストは軽視される傾向があった。 しかし、パソコンの普及で端末の台数が拡大し、コンピュータに不慣れなユーザーも利用する機会が増えたことから、運用コストの存在が大きくなっていった。 そこで構築段階のコストと運用開始後のコストを合わせたTCOを基準に、コスト削減に取り組むべきという考え方が企業ユーザーに広まった。 TCOを削減するための具体的な手法には、ソフトウェアのバージョンアップをリモートで行うシステムや、システム障害を事前に検知するシステム、分散化したサーバーの統合などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]