編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

TAO

用語の解説

TAOとは

(トラックアットワンス,)
TAOとは、CD-RやCD-RWなどへデータを書き込む方式のひとつで、ディスクの周単位であるトラックを1単位としてデータを書き込む方式のことである。
複数のトラックがまとまって構成されるデータ本体の前後には、記録開始を示すリードインと、同じく記録終了を示すリードアウトと呼ばれるデータ領域が設けられる。 リードインからリードアウトまでを含めたデータのまとまりはセッションと呼ばれる。 TAOに対して、ディスク単位でデータをまとめて書き込む方式はDAO(Disc At Once)と呼ばれる。 DAOでは構造上データの追記ができない。 他には、データをセッション単位で扱い書き込みを行なうSAO(Session At Once)と呼ばれる方式などがある。 各トラックの間には、リンクブロックと呼ばれる継ぎ目が生じ、音楽データなどを再生する際にはリンクブロックによってノイズが発生する可能性がある。 そのため、市販の音楽CDなどはリンクブロックの生じないDAOで作成されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]