リテラル

用語の解説

リテラルとは

(literal)
リテラルとは、プログラムのソースコードにおいて使用される、数値や文字列を直接に記述した定数のことである。
変数の対義語であり、変更されないことを前提とした値である。 プログラミング言語のコード中にリテラルが挿入される場合には、判別のために特定の書式を用いる必要がある。 例えば文字列を表記する際は、多くのプログラムにおいて必ず前後をダブルクォーテーション( " )で括ると定められている。 このため、プログラミングについて記述した文章では、必要に応じてリテラルを分類し、数値リテラルとか日付リテラルとか言うふうに呼び分けるのが一般的である。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]