LAPB

用語の解説

LAPBとは

(ラップビー,平衡型リンクアクセス手順,)
LAPBとは、X.25のパケット交換網において使用される伝送手順を制御するためのプロトコルのことである。
LAPBは、X.25の端末(DTE)と回線終端装置(DCE)との間でデータの伝送制御を行う際、フレームリレー形式で制御情報を交換するために用いられる。 データ交換はOSI参照モデルにおけるデータリンク層で行われている。 LAPBはもともとHDLCの機能のサブセットとして規定されたものであるが、ISDNのBチャネルなどにも利用されている。 なお、ISDNのDチャネルにおいてデータ交換に使用される通信プロトコルは、LAPD(Link Access Procedure, d-channel)と呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]