編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

L2TP

用語の解説

L2TPとは

(エルツーティーピー,レイヤー2トンネリングプロトコル,レイヤ2トンネリングプロトコル,)
L2TPとは、VPN(仮想プライベートネットワーク)を実現するためのネットワーク技術のひとつで、インターネットなどの公衆回線網上に設けた仮想的な通信路(トンネル)を通じてPPP(Point to Point Protocol)接続による通信を行うためのプロトコルのことである。
L2TPでは、ある送信パケットを別のプロトコルの情報で包む「トンネリング」技術を利用し、通常はダイヤルアップ接続などに用いられるPPPのプロトコルを用いてVPNの接続を確立している。 L2TPはOSI基本参照モデルにおける第2層(データリンク層)に属する技術であり、通信経路としてIPネットワークの他にもフレームリレーやATM(Asynchronous Transfer Mode)など、様々な経路を利用することができる。 L2TPによってトンネリングは実現されるが、L2TPはプロトコルの暗号化技術などのセキュリティ保護機能を持っていないので、IPsecなどの暗号化技術と組み合わせた上で用いられるのが一般的である。 L2TPは、Microsoftが推進していたトンネリングプロトコルであるPPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)と、同じくCisco Systemsの推進していたL2F(Layer 2 Fowarding)が統合されたものであり、標準化団体IETFによって、RFC 2661として定義されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]