編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

4K2K

用語の解説

4K2Kとは

(ヨンケーニケー,4K,4K解像度,)
4K2Kとは、ディスプレイの解像度で、おおよそ4000×2000ドット前後の解像度を示す表現である。
単に「4K」と呼ばれる場合も多い。 4K2Kの「K」はキロを示しており、4000×2000を略した表記である。 多くの場合、4098×2160ドット、あるいはそれ以上の解像度を指して4K2Kと呼ぶ。 4098×2160は、いわゆるフルHDの解像度(1920×1080)の縦横2倍、面積比で4倍の値である。 また、3840×2160なども4K2Kと呼ばれる場合がある。 4K2Kと同様、フルHDの解像度(1920×1080)は、2K1Kと呼ばれる。 また、4K2Kを縦横それぞれ2倍にした8K4Kと呼ばれる解像度も研究開発が進められている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]