編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

EEPROM

用語の解説

EEPROMとは

(イーイーピーロム,ダブルイーピーロム,)
EEPROMとは、不揮発性メモリの一種で、電気(電圧)の操作によってデータの消去や書き換えが可能となっている半導体記憶装置のことである。
EEPROMは、通常より高い電圧をかけることによってデータを消去することができる。 そのため、特殊な装置を用意しなくても比較的容易にEPROMの仕組みを実現することができる。 また、EEPROMは電源を供給しなくてもデータを保持することができる(不揮発性メモリである)。 ただしデータの読み出しはRAM(Random Access Memory)ほど高速でない。 EEPROMの改良によって登場したフラッシュメモリ(フラッシュEEPROM)は、データを保存するトランジスタの構成などを変更することでアクセスの高速化や大容量化を実現している。 フラッシュメモリの登場によって手軽なデータ書き換えや低コスト・大容量化が可能となり、広く一般に普及するようになった。 なお、半導体メモリのうち、データの追記が可能であるものがPROM(Programmable ROM)と呼ばれており、PROMの中でもデータを書き換えることが可能なものが特にEPROM(Erasable Programmable ROM)と呼ばれている。 EEPROMはEPROMの一種類である。 EPROMは他にも、紫外線を照射することでデータを消去できるUV-EPROMなどがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]