LFU

用語の解説

LFUとは

(LFU方式,)
LFUとは、キャッシュアルゴリズムなどで用いられる、置換対象のデータを定める方式のうち、参照された頻度が最も少なかったデータを退避させたり、置換したり削除したりするキャッシュアルゴリズムのことである。
例えば、仮想記憶管理におけるページング方式では、主記憶装置(メインメモリ)上で補助記憶装置へ退避させるデータ単位(ページ)を選ぶ方式としてLFUを用いることがある。 主記憶装置で扱うことのできる容量には限度があるため、主記憶装置の記憶容量を超えるデータを扱う場合は、データの一部を補助記憶装置へと退避させることで空き容量を確保する。 このとき、LFUは、データが使用された頻度(frequently)に関する情報に基づき、最も頻度が少なかった情報を退避させる。 LFUに対して、LRU(Least Recently Used)と呼ばれる方式は、最後に参照されてから参照されていない時間が最も長いデータを退避や削除、置換の対象とする。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]