編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NumLockキー

用語の解説

NumLockキーとは

(ナムロックキー,numeric lock key,number lock key,)
NumLockキーとは、キーボード上やテンキーパッドなどにある特殊キーの1つで、キートップに[NumLock]や[NumLK]、[Num]と刻印されたキーのことである。
NumLockキーは、テンキー部分(テンキー上の数字キー、またはテンキーに該当する文字キー)によって数値を入力する状態を保つために用いられる。 ちなみに、「Num」とは「Numeric」の略で、「数字の」という意味を持つ。 NumLockキーは、トグル方式でオンとオフとを切り替える仕組みになっている。 NumLockがオンになると、テンキー部分のキーを打鍵して数値や演算記号などが入力できる状態となる。 また、キーボード上にあるインジケーターランプが点灯することによって入力状態を示すものが多い。 NumLockのオンとオフの切り替え方法や、数値入力用のキーの位置は、テンキー(キーボード上のテンキー、または外付けテンキーパッド)の有無によって異なる。 テンキーがある場合は、NumLockキーを単独で打鍵するとNumLockがオンになり、テンキーが数値入力用のキーとなる。 また、NumLockがオフになると、テンキーがカーソルキーとして機能するようになっているものが多い。 テンキーがない場合は、NumLockキーを他のキーと同時に打鍵するとNumLockがオンになり、テンキー部分に該当するキーが数値入力用のキーとなるものが多い。 数値キーの位置は、一般的に、右手のホームポジション上下4段にある文字キーに割り当てられている。 なお、パソコンにテンキーパッドを外付けで接続した場合は、テンキーパッドで操作するNumLockの切り替えは、パソコン本体のNumLockの状態とは連動されず、テンキーパッドのみで機能する。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]