PCL

用語の解説

PCLとは

(ピーシーエル,HP-PCL,Hewlett-Packard Printer Control Language,)
PCLとは、米Hewlett-Packard社が開発したページ記述言語のことである。
1980年に最初のバージョンが登場した。 PCLはHewlett-Packard製のインクジェットプリンタやレーザープリンタ、あるいはHewlett-Packard社製品と互換性のある製品で使用することができる。 利用場面の広さと、デバイスドライバの入手しやすさなどから、特に海外では最も一般的なページ記述言語の仕様として広く使用されてきた。 1990年に登場したPCL バージョン5以降では、プロッターに図面データを出力することのできる「GL/2」を含んだスケーラブルフォントがサポートされている。 また「Intellifont」と呼ばれる技術に対応しており、TrueTypeやPostScriptのようにフォントサイズを選ばない文字の出力が可能になっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]