編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

PaaS

用語の解説

PaaSとは

(パース,パーズ,プラットフォーム・アズ・ア・サービス,サービストシテノプラットフォーム,)
PaaSとは、ネットワークを通じたサービスとして、アプリケーションを利用するためのプラットフォームを顧客に提供する形態のことである。
PaaSが登場する前に、SaaS(Software as a Service)と呼ばれるサービスの形態が登場した。 これは業務用のアプリケーションソフトの機能を、インターネットを通じたサービスとして提供するのもである。 PaaSはSaaSの考え方を一段深め、SaaSにおいてソフトウェアを動作させるために必要なOSやミドルウェアなどのプラットフォーム部分も提供するものである。 プラットフォームにはOSなどの他にアプリケーション開発フレームワークや開発環境などが含まれる場合もある。 PaaSを利用することで、企業は独自の業務アプリケーションを稼動させるハードウェアやOSなどのシステムインフラに不要なコストをかけず、必要な分だけ月額利用料金として払うといった運用が可能になる。 PaaSはSaaSと共に、クラウドコンピューティング、あるいはクラウドサービスの一形態として扱われる。 また、SaaSやPaaSよりも一段深く、サーバーなどのシステムインフラ部分までサービスとして提供するIaaS(Infrastructure as a Service)も登場している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]