PalmSource

用語の解説

PalmSourceとは

(パームソース)
PalmSourceとは、2003年にPalmが分社化した際に誕生したソフトウェア専門の会社であり、Palm OSの開発元である。
PalmSourceは、Palm OSのライセンス供給・対応ソフトウェア開発を主な事業内容としている。 PalmSourceは2001年、Palm社のソフトウェア部門だった時代にBeを買収することでBeOSを獲得し、また2005年にはChina MobileSoftを買収して携帯電話向けOSの開発を進めていた。 PalmSourceは2005年に日本のソフトウェア会社であるACCESSに買収され、2006年にはACCESS Systemsと社名が変更された。 なお、Palmの分社化において、ハードウェア部門は「palmOne」として独立した。 こちらはPalmSourceがACCESS Systemsとなる際にPalmブランドを完全に取得、再び社名を「Palm」に変更している。

用語解説出典   powered by. Weblio

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]