PFLOPS

用語の解説

PFLOPSとは

(ペタフロップス,PetaFLOPS,)
PFLOPSとは、コンピュータの処理性能を表す単位の一つで、浮動小数点演算を1秒間に1000兆回行うことを表す単位のことである。
基本単位となっている「FLOPS」は、1秒間に処理可能な浮動小数点演算の回数を表す際に用いられる。 ペタ(Peta)は1000兆(10の15乗)を意味している。 例えば、3PFLOPSのシステムは毎秒3000兆回の浮動小数点演算を行うことができることになる。 2008年6月の「スーパーコンピュータTOP500」でランキング1位となったIBMの「Roadrunner」は、史上初めて1PFLOPSの処理性能へ到達したシステムとして話題となった。 また、Crayの「Jaguar」も2008年内に1PFLOPSを超えている。 PFLOPSの1000分の1を表す(浮動小数点演算を1秒間に1兆回行う)単位は、TFLOPS(テラフロップス)である。 スーパーコンピュータの世界では2000年頃からTFLOPSが処理性能を表す主な単位となっている。 地球シミュレータやBlueGeneなどのスーパーコンピュータが、数十~数百TFLOPSの処理性能を持つ。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]