POIX

用語の解説

POIXとは

(ピーオーアイエックス,)
POIXとは、ネットワークで位置情報をやり取りするために策定された言語記述様式のことである。
POIXで扱われる情報は、主に、無線によってカーナビゲーションシステム(カーナビ)などでやり取りされる。 規格が統一されたことで、カーナビをはじめ、モバイル機器などでの位置情報のやり取りもスムーズに行うことができる。 POIXは緯度や経度、高度といった基本的な位置情報のほかにも、自分が通行した道のりを表現したり、近隣の店舗・施設などの情報を表現したり、各施設への交通手段を表現したりすることも可能である。 ちなみにPOIXが記述されたデータファイルには拡張子として「.poi」が付く。 POIXは1999年4月にバージョン1.0が定められた。 その後1999年にバージョン2.0が発表され、現在に至る。 POIXの仕様は「モバイル標準化検討委員会」(MOSTEC)によって策定された。 モバイル標準化検討委員会は、自動車メーカーやカーナビのメーカーから構成されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]