編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

QuickTime Conferencing

用語の解説

QuickTime Conferencingとは

(クイックタイムカンファレンシング)
QuickTime Conferencingとは、Macintosh上でQuickTimeを用いて実現される、ネットワークを通じたテレビ会議システムの名称である。
LANなどで接続されたユーザーどうしで、テレビ会議や協調作業、ファイル転送などを行うことを実現する。 特にハードウエアの追加などの必要がなく、ビデオカメラから映像が入力できるMacintoshがあれば、ソフトウェアの追加だけでテレビ会議用の端末にすることができる。 QuickTime Conferencingは、テレビ会議システムの国際規格であるH.320に準拠しており、UNIXやWindowsとの接続も可能であった。 マルチメディア用途への拡大も期待されたが、インターネットの普及と、QuickTimeストリーミングと呼ばれるストリーミング技術の台頭により、主流となることはなかった。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]