QCIF

用語の解説

QCIFとは

(キューシーアイエフ,)
QCIFとは、国際電気通信連合(ITU-T)によって勧告された映像信号の形式のひとつで、解像度が176×144ドットで表示される規格のことである。
QCIFはCIF(Common Intermediate Format)と呼ばれる規格のサイズを縦横に1/2ずつ縮小した規格である。 画素数は面積で計算されるためCIFの1/4(Quarter)となる。 動画のフレーム数は毎秒30フレームとなっている。 ITU-Tが定めた映像符号化方式の標準規格であるH.261や、テレビ会議システムのH.320などでは、CIFとともにQCIFが必ずサポートされている。 なお、QCIFの画素を縮小した規格として、SQCIF(Sub-QCIF)がある。 SQCIFの画素数は128×96である。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]