TCSEC

用語の解説

TCSECとは

(ティーシーエスイーシー,オレンジブック,)
TCSECとは、米国国防総省によって1983年に策定された、セキュリティ評価基準のことである。
コンピュータシステムの信頼性を図るための指標として用いられている。 TCSECでは、セキュリティを「A1」から「D」までの各レベルに分類している(高い順に「A1」「A」「B3」「B2」「B1」「C2」「C1」「C」「D」となっている)。 もともとは軍事システム向けに規定されたものであったが、現在ではコンピュータシステムのセキュリティ性を計るための標準的指標として広く用いられている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]