TLB

用語の解説

TLBとは

(ティーエルビー,)
TLBとは、CPUが仮想アドレスと論理アドレスとを対応させた情報を一時的に保管しておくバッファメモリのことである。
TLBは、ページング処理などにおいて、CPUが格納しているデータアドレスをプログラムが使用する論理アドレスへと変換する際に、アドレスの変換と変換情報の保持を行っている。 TLBによって、物理アドレスを参照する際の高速化が実現されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]