TSUBAME2.0

用語の解説

TSUBAME2.0とは

TSUBAME2.0とは、東京工業大学学術国際情報センター(GSIC)が構築したスーパーコンピュータである。
NECと日本ヒューレット・パッカードがシステムを受注し、2010年11月1日に運用が開始された。 TSUBAME2.0は、東工大が2006年に構築した「TSUBAME」の後継となるシステムである。 システムは並列処理用の「Thinノード」1408台と、大容量メモリを搭載した「Mediumノード」が4台、Mediumノードよりもさらに大容量のメモリを搭載した「Fatノード」10台から構成されている。 ThinノードにはNVIDIAの「Tesla M2050」が1台あたり3枚搭載されている。 理論上最高性能は2.4PFLOPS(ペタフロップス)とされる。 TSUBAME2.0ではTSUBAMEと同様、OSとしてLinux(SUSE Linux)およびWindows(Windows HPC Server)がそれぞれ利用可能となっている。 2010年11月半ばに発表された第36回スーパーコンピュータTOP500ランキングでは、TSUBAME2.0は1.19PFLOPSの処理性能を記録、第4位にランクインしている。 また、スーパーコンピュータの省電力性能を計る(グリーンIT版TOP500ランキングと言える)「Green500」において、TSUBAME2.0は第2位にランクインしている。 2011年11月に発表されたゴードン・ベル賞では、TSUBAME2.0は計算機科学分野での革新的な成果を挙げたシステムに贈られる「特別賞」を受賞している。 ちなみに、2011年のゴードン・ベル賞の最高性能賞には京速コンピュータ「京」が選ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]