編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

VBA

用語の解説

VBAとは

(ビジュアルベーシック・フォー・アプリケーション,ブイビーエー,)
VBAとは、Microsoftのアプリケーション独自のマクロ言語用に作られたプログラミング言語のことである。
VBAはMicrosoftのVisual Basicをベースとしており、WordやExcelをはじめとするMicrosoft Officeのアプリケーション群に搭載されている。 VBAを利用することで、特にWord、Excel、Accessなどを用いる定型業務をほぼ自動化することができる。 例えば、VBAを起動するように設定したフォームのボタンを1つ押すだけで、手作業で何時間もかかっていた処理の大半を自動処理させることが可能となる。 なお、ある程度の自動化はマクロで組むこともできるが、変数を用いた処理や繰り返し処理などの複雑な処理は、VBAによって初めて実現可能となる。 他方、VBAは、WordやExcelなどのファイルの一部として保存されるため、これらのファイルを開くと同時に悪意あるプログラムが自動的に実行されるというようなウィルスプログラムを作成することもできる。 こうしたVBAのウィルスを回避するためには、不用意にファイルを開かないことや、各アプリケーションでマクロのセキュリティ設定を変更すること、ウィルス対策ソフトを利用すること、などの対策を行う必要がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]