編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

VBR

用語の解説

VBRとは

(ブイビーアール,可変ビットレート,)
VBRとは、音声や映像データの圧縮符号化方式のうち、ある単位時間あたりに転送されるデータ量(ビットレート)が変化する方式のことである VBRでは、転送するファイルの中でデータの変化が激しい箇所では、高ビットレートで転送することによって、画質や音質を維持したままデータを再現することができる。
逆に、単調で動きの少ない箇所ではビットレートを低くすれば、転送量が無駄なく抑えられ、転送効率の向上につながる。 VBRは、主な音声ファイルの圧縮符号化方式の中ではMP3やWMA、AACなどで利用可能となっており、映像方式としてはMPEG-2などで利用することができる。 VBRのうち、転送されるデータ量が全体的に平均に近づくよう調整される方式はABR(平均ビットレート)と呼ばれる。 VBRに対して、ビットレートがあらかじめ一定の値で決まっている方式はCBR(固定ビットレート)と呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]