編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

VoIP

用語の解説

VoIPとは

(VoIP)
Voice over IP。
データ通信用ネットワークであるIP網に音声通話を流す技術および経営手法を指す。 従来の企業は、総務部門が管轄するPBX電話網と、情報システム部門が管轄するデータ通信ネットワークに分かれていた。 データ通信ネットワークの主流がTCP/IPになるにつれ、IP上のアプリケーションとして音声を流すVoIPもまた急速に広まった。 電話網とIP網を共通化することにより、企業はIP網だけを管理すればよくなり、ネットワークの管理コストを削減できるようになる。 利用料金が通信相手までの距離に依存しないインターネットを通信手段に利用することで、遠隔拠点との音声通話にかかるコストも低減できる。 VoIPを利用した業務アプリケーションには、内線電話システムやコールセンター用業務アプリケーションなどがある。

  powered by. ZDNet Japan

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]