pixiv

用語の解説

pixivとは

(ピクシブ)
pixivとは、ピクシブ株式会社が運営している、イラストに特化した画像共有サービスの名称である。
pixivは「イラスト特化型SNS」と形容されている。 自分が描いたイラストを投稿し、また、他のユーザーが投稿したイラストを閲覧して評価やコメントを付けていくことにより、イラストに興味がある人が気軽にコミュニケーションを図れるようになっている。 pixivで投稿されたイラストは、ユーザー別に、SNSのマイプロフィールに相当するページで一覧できる。 また、ソーシャルタギング、ソーシャルブックマークの機能により、内容やコンセプトが共通したイラストをすばやく探し出すことができる。 気に入ったイラストをブックマークに登録すれば、そのイラストを作成したユーザーが新着イラストを投稿した際に通知を受けることができる。 なお、pixivを利用するには会員登録が必要である。 投稿できる画像形式として、JPEG、GIF、PNGに対応している。 pixivは、2007年9月10日に公開された。 当初は個人プログラマーによって開発・公開されていたが、公開直後に爆発的な人気となり、個人で運営しきれなくなったことを理由にクルーク株式会社の運営へ切り替えたという経緯がある。 2008年11月に同社は「ピクシブ株式会社」へと改称し、pixivの運営を中心に事業を進めている。 2008年7月時点で、登録会員数は約22万人、投稿されたイラストは82万枚、月間PVは2億に達したと発表された。 同月には携帯電話で利用できる「pixivモバイル」が開始されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]