コンテンツキャッシングとは?

最近アクセスされた利用頻度の高いデータを一時的に保存することで、ウェブサイトのパフォーマンスを高める技術。データをキャッシュすれば、そのデータをウェブサーバに要求することがなくなり、キャッシュサーバによって処理されるようになる。

 要求への応答時間が短縮され、さらにウェブサーバの負荷も軽減される。

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  4. 4 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  5. 5 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  6. 6 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  7. 7 エピック

    開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)

  8. 8 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

  9. 9 オーケストレーション

    システムを構成するプラットフォームやミドルウェア、サービス、アプリケーション、管理ツールなどの設定や管理を自律的に連携させること。...(続きを読む)

  10. 10 IBM Think

    「Think 2018」は米IBMが2018年3月に米ラスベガスで開催した年次イベント。クラウドを中心とする「InterConnect」と、...(続きを読む)

注目のキーワード

コンテンツキャッシング
最近アクセスされた利用頻度の高いデータを一時的に保存することで、ウェブサイトのパフォーマンスを高...
続きを読む
コンテンツ配信ネットワーク(Content Delivery Network:CDN)
コンテンツデリバリネットワークとも呼ばれる。ネットワーク上のさまざまな場所に配置した複数のコンピ...
続きを読む
アメリカズカップ
世界最高峰の国際ヨットレースで「海のF1」とも呼ばれる。2016年には、その予選最終戦「ルイヴィトン・...
続きを読む
データウェアハウス(DWH)
企業活動により複数の基幹系業務システムに蓄積された大量のデータを集約し、保存するデータベースある...
続きを読む
DaaS
Desktop as a Serviceの略称。PCのデスクトップ環境をサービスとして提供するSaaSの一種である。
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]