編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

HTTP/2とは?

ウェブサーバとブラウザの間の通信を規定するプロトコル「ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル(HTTP)」の次期バージョン。

現行のバージョンである1.1との互換性を維持しながらも、ウェブページのデータ量の増大に対応し、データをより高速に転送できるようになっている。Googleが提唱するプロトコル「SPDY」(スピーディ)をベースとしている。

インターネット関連技術の標準化を推進する団体、インターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)によって2015年2月に承認された。現行のバージョンは1999年に承認されており、約16年ぶりの改訂となる。

高速化のための主な変更点として、テキストではなくバイナリフォーマットを採用したこと、多重化によって1つの接続で並列処理ができるようにしたこと、ヘッダ情報を圧縮したこと、サーバがクライアントからのリクエストなしにレスポンスをプッシュするようにしたことなどがある。

関連記事

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]