HTTP/2とは?

ウェブサーバとブラウザの間の通信を規定するプロトコル「ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル(HTTP)」の次期バージョン。

現行のバージョンである1.1との互換性を維持しながらも、ウェブページのデータ量の増大に対応し、データをより高速に転送できるようになっている。Googleが提唱するプロトコル「SPDY」(スピーディ)をベースとしている。

インターネット関連技術の標準化を推進する団体、インターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)によって2015年2月に承認された。現行のバージョンは1999年に承認されており、約16年ぶりの改訂となる。

高速化のための主な変更点として、テキストではなくバイナリフォーマットを採用したこと、多重化によって1つの接続で並列処理ができるようにしたこと、ヘッダ情報を圧縮したこと、サーバがクライアントからのリクエストなしにレスポンスをプッシュするようにしたことなどがある。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  4. 4 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  5. 5 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  6. 6 IBM Think

    「Think 2018」は米IBMが2018年3月に米ラスベガスで開催した年次イベント。クラウドを中心とする「InterConnect」と、...(続きを読む)

  7. 7 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  8. 8 エピック

    開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)

  9. 9 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

  10. 10 前提条件

    プロジェクト管理用語。プロジェクトの成功に(あるいは成功確率を上げるために)必要な外部環境や、起こるべきイベントが存在する場合がある。そのイ...(続きを読む)

注目のキーワード

アルゴリズム
ソフトウェアプログラムに組み込まれ、データセットの分析を実行する算法。複数の計算などの手順で構成...
続きを読む
データウェアハウス(DWH)
企業活動により複数の基幹系業務システムに蓄積された大量のデータを集約し、保存するデータベースある...
続きを読む
ベンダーロックイン
プロトコルやAPI、データ構造(スキーマ)、サービスモデルが標準化されていないがために特定のベンダー...
続きを読む
NoSQL
NoSQL(Not Only SQL)とは、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)ではないデータベース(D...
続きを読む
サービスレベル合意書(Service Level Agreement:SLA)
サービスプロバイダーが定義したサービスのレベルや責任、優先事項のほか、可用性やパフォーマンスとい...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]