編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

「SharePoint UserカンファレンスJapan 2013」開催へ--ワークスタイルを変革するSharePoint、そのノウハウを紹介

ZDNet Japan Ad Special

2013-02-26 11:00

[PR]SharePointを使いこなすヒントが満載の「SharePoint User カンファレンス Japan 2013」が開催される。SharePointが日本企業のワークスタイルにどんな変革を起こすのか、そのために知っておくべき留意点は何か、現場のエキスパートが語る。

SharePointが本当に成果につながっていますか?

 SharePointの導入を無駄なく、ミスなく実施するためのポイントとはなんだろうか。

 この悩みに答えを示す無料のイベント「SharePoint UserカンファレンスJapan(以下、文中のリンク先は公式サイト)」が今年も開催される。


前回開催時の様子

 本カンファレンスは、ビジネス情報基盤として進化し続けるSharePointに特化したもので、SharePointとともに創業し、SharePointを知り尽くしているAvePointが主催する。新バージョンのSharePoint2013は日本企業のワークスタイルにどんな変革を起こすのか、その変革を実現する為に知っておくべき“留意点”は何なのかを、現場のSharePointエキスパートが生の声で語るという内容だ。

 前回は、コンサルタントやSIer、製品メーカーなどがスピーカーとして参加し、市場動向や事例から計画と運用、技術アーキテクチャーなど12のセッションが行われた。SharePointは「導入するかどうかを検討する」というフェーズを終え、「いつ、どの業務に導入 / 適用するか?」を議論するフェーズに入っていることを受け、より実践的なSharePointのノウハウを提供するセッションが中心となった。

 そして今回は、「SharePoint 2013 現場のプロが考える変革とは?」として、現場目線でのセッションが多数用意されている。SharePointをすでに導入済みの法人、あるいは導入を検討している法人の情報企画部門、情報システム部門、情報子会社、ユーザー部門を対象に、SharePointをより使いこなして「コスト」「価値」「リスク」に対応できる強い企業になるためのヒントが満載の内容だ。なお前回は、350人の定員に対し600名以上の申し込みが集まり、早々に受付を締め切った経緯がある。そこで今回は定員を前回の3倍近い1000人に大幅増加させた。

 次のページからは、開催に先立ち、前回のセッションの内容を一部紹介していきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]