編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

“ポストPC”の仕事の形を見据えよ--効率的でセキュアなBYOD実現に必要なソリューションとは

ZDNet Japan Ad Special

2012-12-19 11:00

[PR]業務の効率化やコスト削減に期待されるBYODだが、セキュリティ面の懸念も少なくない。効率的でセキュアなBYODの実現に必要なソリューションとして、SSL-VPNアプライアンス「Dell SonicWALL Aventailシリーズ」を紹介する。

BYOD実現を阻むセキュリティリスク

スキマ時間にはスマートデバイスが活躍する
スキマ時間にはスマートデバイスが活躍する

 スマートフォンやタブレットの普及を受け、従業員が私物の情報端末などを会社に持ち込み業務で利用する「BYOD(Bring Your Own Device)」を採用したり、導入を検討する企業が増えている。企業にとってはデバイス購入のコストを負担する必要がなく、従業員も普段から使い慣れた端末を業務に利用できるうえ、リモートアクセスを活用したモバイルワークや在宅勤務といったワークスタイル革新にも期待が持たれているためだ。

 だがBYODが持つ潜在的なセキュリティリスクは、解決すべき大きな課題だ。ウイルス感染など端末側のセキュリティや紛失時の情報漏えいの危険性、さらに不正な端末から社内にアクセスされる可能性もあるだろう。こうしたリスクを取ってまでBYODを解禁する必要はあるのか--、こう受け止める企業が少なくないのも、また一つの側面だ。

セキュアかつ効率的なBYODを実現

 そこで今回着目するのは、BYOD実現による業務効率の向上と、セキュアなスマートデバイスの運用を実現するソリューションとして、丸紅情報システムズが提供するSSL-VPNアプライアンス「Dell SonicWALL Aventailシリーズ」だ。

 「Dell SonicWALL Aventailシリーズ」は、クライアント端末の固有情報、セキュリティ状態などをチェックする「エンドポイントコントロール」、Aventail内部でワンタイムパスワードを発行し、ユーザID/パスワードでの認証よりもさらに強固な二要素認証を容易に実現する「ワンタイムパスワード」、情報漏えい防止のためクライアントPCのローカルHDDへのデータコピーを禁止する「セキュアデスクトップ」のセキュリティ機能を備え、高度なセキュリティレベルの維持を可能にする。

Dell SonicWALL Aventailシリーズを利用したリモートアクセスソリューション

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]