シーゲイト社、421ギガビット平方インチの面密度記録を実現

垂直記録方式によるデモンストレーションで実証

日本シーゲイト株式会社 2006年09月20日

ハードディスクドライブ(HDD)の世界的なトップメーカーであるシーゲイト・テクノロジーは、磁気記録方式のデモンストレーションにおいて1平方インチ当たり421ギガビット(Gbit/in2)の世界記録を樹立したことを発表しました。

【2006年9月20日】ハードディスクドライブ(HDD)の世界的なトップメーカーであるシーゲイト・テクノロジー(本社:米カリフォルニア州スコッツバレー、NYSE略号:STX、以下シーゲイト社)は、磁気記録方式のデモンストレーションにおいて1平方インチ当たり421ギガビット(Gbit/in2)の世界記録を樹立したことを発表しました。現在量産レベルで使用されている生産設備を用いて作られた垂直磁気記録方式の磁気ヘッドとメディアを使い行なわれたデモンストレーションによる実証は、シーゲイト社が今後大規模なテクノロジーの変更や新たな設備投資をすること無く、比較的早い段階で、同技術を実用化できることを証明した、と言えます。

今回のデモンストレーションは、ハードディスクドライブが革新し続けていることを明らかにするものであり、容量と費用対効果が必要とされる際、ディスクドライブが紛れもないストレージ分野で君臨するものであることを明言するものです。この実証された面密度を実際にディスクに置き換えると、デジタル家電分野で利用される1インチでは40ギガバイト(GB)、1.8インチでは275GB、ノートブックPC向けの2.5インチでは500GB、そしてデスクトップPCやエンタプライズ向けでは約2.5テラバイト(TB)の容量を達成することになります。2.5TBの容量では、音楽が4万1650時間の音楽、デジタル画像が80万枚、デジタルビデオが4000時間、そしてビデオゲームを120本を保存することができます。 シーゲイト社は、こうした高い水準の面密度を持つ製品の実用化の時期は2009年になると予測しています。

シーゲイト社の最高執行責任者(CEO)のビル・ワトキンスは次のように語っています。「他のディスクドライブメーカーから発表されている技術とともに、シーゲイト社によるデモンストレーションは、ディスクドライブの将来がこれまで以上に力強いものであることを明らかにしています。面密度の更新はデジタル化の波を推進させ、ハードディスクの優位性が多種多様の市場から出てくる飽くことをしらないストレージに対する要求に見合うことを示しています」

将来をともにする世界トップのHDDメーカー
シーゲイト社の研究・開発および製造におけるリーダーシップは、数多くの賞を獲得している製品群を絶え間なく市場に送り出すことを可能にしています。垂直磁気記録方式を利用した幅広い製品の品揃えを誇る企業として、将来のストレージニーズに対応できる立場にある企業は、シーゲイト社をさしおいてありません。

シーゲイト社はストレージ市場のニーズに見合うように研究・開発に持続的に投資しています。米国で開催されたDISKCONの基調講演において、シーゲイト社の最高技術責任者(CTO)であるMark Kryderは 、垂直磁気記録よりもさらに先をいく将来の技術, 即ち、Heat Assisted Magnetic Recording (HAMR:熱支援磁気記録)方式やビットパターンドメディアついても解説しました。これらの記録技術を用いることにより、シーゲイト社の技術陣は、1平方インチあたりの面密度は50テラビット(Tbits//in2)まで達し、さらに超える可能性があると予測しています。

デモンストレーションに関する技術的詳細
421Gbits/平方インチの面密度を達成したデモンストレーションは、転送速度が735メガビット(Mbits)/秒で、10%のオフトラックの許容数値と10⁻3(マイナス3乗)のエラーレートという条件のもとで行なわれました。トラック密度は1インチあたり27万5000トラック、線密度は1インチあたり153万ビットで、ビットの縦横比は5.6となります。 このデモンストレーションには、現行の量産技術をベースに、標準的な垂直磁気ヘッド、熱的安定したメディアなどを用い行なわれました。

■シーゲイト社について
シーゲイト社は、エンタプライズ、PC、ノートブック、およびコンシューマーエレクトロニクス(CE)製品向けにハードディスクドライブを設計、製造、販売する世界のトップ企業です。当社は世界中で急増する情報ストレージ需要を満たすため、定評ある製品、顧客サポートおよび信頼性の提供を理念としています。シーゲイト社は、世界各地で事業展開しているほか、 (リンク ») (英語)、 (リンク ») (日本語)でも情報提供しています。

シーゲイトおよびシーゲイト・テクノロジーは、Seagate Technology LLCの登録商標です。Barracudaは、Seagate Technology LLCの商標または登録商標です。その他のブランドおよび製品名は、各所有者の商標または登録商標です。ハードディスクに言及する時には、1ギガバイトおよびGBは10億バイト、 1テラバイトおよびTBは1兆バイトを、それぞれ意味します。アクセス可能な容量はオペレーティング環境やフォーマットにより異なります。ここに記されているさまざまなアプリケーション向けの容量は参考を目的としたものです。実際の容量は、ファイルサイズやフォーマット、ソフトウェアの特長やアプリケーションにより異なります。

《本件に関するお問い合わせ先》
●日本シーゲイト株式会社
コーポレイトコミュニケーション 藤森 英明
Tel: 03-5462-2327
Fax: 03-5462-2978
E-mail: JapanPR@seagate.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本シーゲイト株式会社の関連情報

日本シーゲイト株式会社

日本シーゲイト株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!