京セラコミュニケーションシステム、 データセンターにてオンデマンドサービスを提供開始

~ITインフラのコスト最適化とビジネスの俊敏性を強力にサポート~

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2008年08月29日

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 小林元夫 以下KCCS)は、インターネットデータセンター「D@TA Center」の新たなプラットフォームサービスとして、仮想化技術を基盤としたオンデマンドサービスの提供を10月1日より開始致します。


 ICTがビジネスの根幹を支えるようになった現在、企業は加速する事業スピードに適応できるITインフラの俊敏性確保や、ITインフラの運用管理コストの最適化といった課題に直面しており、こうした課題の解決策として仮想化技術の普及が進んでいます。


 KCCSのデータセンターでは、これまで蓄積してきた仮想化技術のノウハウを結集し、お客様が必要な時に必要な分だけITリソースを利用していただけるオンデマンドサービスの提供を開始致します。
 本サービスは、利用した分だけ課金される従量課金制となっております。加えて、ミドルウェアまでセットアップ済みのサーバを迅速にご用意し、短期間での契約が可能であるため、無駄がなく効率的なIT投資とお客様のビジネス展開に合わせた柔軟なサービスが提供できるようになります。


 一般的なレンタルサーバとは違い、データセンター常駐のエンジニアがインフラからミドルウェアまで運用サポートを行いますので、お客様は煩雑なサーバの運用管理からより戦略的な業務へ注力していただくことができます。
また、インフラ設計・構築段階からのサポートも行っており、サーバ統合や、BCP*1といった課題に対しても、オンデマンドサービスを軸としたソリューションの提供が可能となります。


オンデマンドサービスのサービスメニューは以下の通りです。


①オンデマンドサーバ
 弊社データセンター内の仮想化環境からお客様専用のサーバをご提供致します。OSはWindows®、Linuxからの選択が可能で、各種ミドルウェアまでサポート致します。また、CPUの性能はお客様の利用状況に応じて、ベストエフォートで自動的に拡張することができます。ご利用料金は、契約期間中に、仮想サーバのCPUが実際に計算処理を行った時間(以下CPU時間)に応じての従量課金制となります。
需要のピーク時に合わせたサーバのサイジングにより平常時には余剰なサーバリソースを抱えていたり、突発的な需要にサーバ増強が追いつかないといったこれまでのお客様の課題に対し、柔軟なサーバリソースの提供と運用コストの最適化が可能となります。



②オンデマンドストレージ
 ストレージ容量としてディスクボリューム(100GB~2TB)をご提供致します。メールデータなどを長期間格納するアーカイブ領域やバックアップの用途としてもご利用いただくことができ、個別に大型のストレージを導入することなく、格納するデータ量の増加に合わせて段階的に拡張していただくことができます。ご利用料金は、ご利用になられたディスク容量に応じての従量課金制です。
オプションサービスとして、NAS*2、バックアップ(スナップショット/レプリケーション)を提供致します。


【メニュー】 オンデマンドサーバ
●提供価格(税抜) 
  初期費用:50,000円~
  月額費用:基本料金30,000円~
        従量課金150円~/CPU時間

【メニュー】 オンデマンドストレージ
●提供価格(税抜)
  初期費用:50,000円~
月額費用:従量課金25,000円~/100GB
  ※100GB以下は個別相談


 KCCSは、データセンターサービスにおけるフルマネージドサービスに加え、システムの設計、開発、保守、業務運用サポートも含めたフルアウトソーシングを提供しております。今後もお客様の視点で、企業活動を支える情報システムから、EC・ASPなどのインターネットビジネスシステムのサポートまで、システムインテグレータ/システムアウトソーサーとしての豊富な経験と技術力で、お客様のICT戦略を総合的にご支援して参ります。


*1 BCPはBusiness Continuity Planの略で、事業継続計画。企業がビジネスコンティニュイティに取り組む上で基本となる計画のこと。災害や事故などの予期せぬ出来事の発生により、限られた経営資源で最低限の事業活動を継続、ないし目標復旧時間以内に再開できるようにするために、事前に策定される行動計画。

*2 NASはNetwork Attached Storageの略で、ネットワーク接続ストレージ。ネットワークに直接接続して使用するファイルサーバ専用機。

*製品名及び会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!