編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

CAの侵入検知システムにDoS攻撃につながる脆弱性

Dawn Kawamoto (CNET News.com)

2005-04-07 22:18

 Computer Associates International(CA)の侵入検知システム「eTrust Intrusion Detection System」にDoS(サービス拒否)攻撃につながる脆弱性が見つかったと、セキュリティ調査会社のiDefenseが警告している。

 この脆弱性を悪用すると、攻撃者は、CAのeTrust Intrusion Detection System 3.0を導入している企業ユーザーのシステムにDoS攻撃を仕掛けることが可能になると、iDefense LabsのディレクターMichael Suttonは述べている。

 この脆弱性は、同製品がMicrosoft Crypto API(暗号化API)の一機能であるCPImportKeyにデータを渡す前に、そのサイズが適正なものかをチェックしていないことに起因する。CPImportKeyも、いったん入ってきたデータのチェックは行っていないと、Suttonは説明する。この結果、正常でないサイズのデータがメモリ上に問題を発生させ、いわゆるバッファ・オーバーフローを引き起こす。

 Microsoft Crypto APIのCPImportKeyにサイズのチェックを行わないままデータを引き渡す独自製品を持つ他のアプリケーションベンダーも同様の脆弱性を抱えている可能性があるとSuttonは警告している。

 「この脆弱性を利用することはそれほど難しくない」とSuttonは話す。

 この脆弱性は2004年12月にCAに報告されている。CAの広報担当は、この脆弱性が利用されないよう変更を施した、バージョン3.0と3.0 SP1向けのアップデートを既に提供していると述べるにとどまり、それ以上のコメントを控えている。

 CAの製品に関する脆弱性が報告されたのは、これが初めてではない。3月には、CAのライセンスソフトウエアに発見された脆弱性を悪用してDoS攻撃を引き起こすコードが、ウェブ上で発見された。

 3月のケースでは、脆弱性が公開されてから、それを悪用するコードが出回るまでにかかった時間はわずか1週間だった。セキュリティの専門家らは、脆弱性が報告されてから悪意あるコードが一般に登場するまでのスピードに、非常に大きな危惧を抱いている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]