編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

センドメール、送受信ポリシーに応じてメールを一元処理するミドルウェア

永井美智子(編集部)

2005-05-17 22:58

 センドメールは、メールの送受信ポリシーに応じてメール処理を一元的に行うミドルウェア「Sendmail Mailstream Manager」の日本語版を6月上旬より代理店を通じて出荷する。ウェブブラウザ上でGUIを使ってポリシーを簡単に設定できる点が特徴だ。価格はオープン。

 MTA(Message Transfer Agent:メール送信ソフト)のプラグインとして動作する。ヘッダや本文、添付ファイルの内容などに応じて、メールの受信拒否や削除、あて先変更といった処理方法を設定し、該当するメールに自動適用する。例えばMP3データを添付したファイルの送受信を禁止したり、存在しないあて先に送られたメールはスパムやウイルスチェックを行う前にメッセージを破棄したりすることができる。

 「米国では受信メールの60〜70%がスパムメールだと言われている。これらのメールを識別してサーバに保存しないようにすればメールサーバやストレージの台数を減らせるため、結果的にシステムコストを削減できる」と米Sendmailアジア・パシフィック担当副社長でセンドメール日本法人の社長を務める小島國照氏は話す。米国ではすでに2004年10月に発売され、これまでに23社、150万ユーザーが利用しているという。

 送信ドメイン認証に対応しており、Sender IDやDomainkeysと組み合わせて利用できる。これにより、送信元がメールアドレスを詐称している場合はスパムメールとして認識されるわけだ。

 また、メールの処理量、スパムやウイルスの検出率、ポリシー別の統計などをリアルタイムにグラフ化して表示するダッシュボード機能も搭載した。McAfeeやFRISK Software Internationalのウイルス対策ソフト、Cloudmarkのスパム対策ソフトのエンジンを統合して利用することもできる。

 対応OSはWindows、Red Hat Linux、SuSE Linux(United Linux)、MIRACLE LINUX、Solaris。Intel Pentium II以上の搭載機種で稼働させることを推奨している。対応ブラウザはMicrosoft Internet Explore 5.5以上、Netscape Navigator 4.7以上、Netscape 6.2以上となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]