編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「戦略的ITにはSOA」--専任組織設置でSAPが支援

藤本京子(編集部)

2005-05-18 20:06

 SAPジャパンは5月18日、SAP版のサービス指向アーキテクチャ(SOA)となる「Enterprise Services Architecture(ESA)」の導入を促進するための新たな専任組織を設立し、導入支援プログラムとなる「ESA Adoption Program」を提供開始すると発表した。

 ESAは、SAPが2003年に発表したコンセプトで、「ビジネスとITのギャップを埋め、変化にすばやく柔軟に対応できるITを、コストをかけずに提供するための基盤だ」と、SAPジャパン バイスプレジデント ソリューション統括本部長の玉木一郎氏は説明した。ESAが必要な理由として玉木氏は、「これまでのITはコスト削減や業務の効率化が主な目的となっており、こうした方法でITを活用すれば収益を確保できた。しかし今では内部効率化による収益確保に限界がきている。他社と差別化し、競争力をつけるためのITが必要で、ビジネス戦略にあわせて柔軟に変化できるITを実現しなくてはならない」と述べた。

SAPジャパン バイスプレジデント ソリューション統括本部長 玉木一郎氏

 そこでSAPは、従来のカスタム開発における個別案件への柔軟な対応性と、パッケージ製品における短期間導入と低コストの良さを組み合わせ、SAP NetWeaverというプラットフォーム上にて既存システムとSAP製品を再構成したシステムを提供する。「これまでのパッケージ製品は、完成した自動車を提供していたようなもの。これからは、自動車の部品を提供し、顧客と共同でSAPが自動車を作り上げていくイメージだ」(玉木氏)

 ESA Adoption Programを提供するための専任組織は30人体制となる。同プログラムでは、顧客のIT環境およびビジネス戦略を理解した上で、SAPの製品やサービスを組み合わせたIT環境のESA化を提案する。これは、「Discovery(発見)」「Evaluation(評価)」「Implementation(導入)」「Operation(運用)」という4つのフェーズに分けて行われる。

 Discoveryフェーズでは、顧客にESAの本質を理解してもらい、経営戦略とIT戦略の同期をとるために何が必要かを明確にし、対応策を検討する。Evaluationフェーズでは、顧客のITシステムや業務アプリケーション環境を実際に分析し、ESA化のためのロードマップを描く。Implementationフェーズでは、そのロードマップをプロジェクト化し、導入を開始する。Operationフェーズは実際に運用を開始し、サポートを行う。

 専任組織となるNetWeaver アドバイザリー・オフィスでNetWeaverアドバイザの役目を担う長船利彦氏は、「ESA Adoption ProgramをまずSAPの既存顧客に提案し、2005年末までに30社以上での採用を見込む」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]