編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

USS、介護業界や中堅企業向けITソリューションなどで日本IBMと業務提携

WebBCN (BCN)

2006-01-12 11:45

 ユニバーサルソリューションシステムズ(USS、山口浩行社長)は1月11日、 日本アイ・ビー・エム(日本IBM、大歳卓麻社長)と、介護業界向けITソリュー ションや中堅・中小企業向けITソリューションの販売などで業務提携を行うと 発表した。

 USSは、外食業界や中食業界、アミューズメント業界など、複数業種の顧客 に対してアプリケーションをASP形式で提供している。また、日本IBMは、USSへのサービスを安定供給するために、同社のサーバーやミドルウェアによるシステムインフラの構築・運用を支援してきた。

 介護業界向けITソリューションでの提携では、これまでUSSが開発・販売し てきた中堅・中小企業向けのソリューションノウハウと、日本IBMが持ってい るタッチパネルやICチップなどのテクノロジーを活用して、新規介護事業者向 けソリューションを開発。また、既存の介護事業者に加え、高齢者や要介護者 向けにさまざまなサービスを提供する企業群に対しても、マーケティングや提 案活動を推進する。中堅・中小企業向けITソリューションの提携では、USSの 持つ業務系ITソリューションのノウハウと日本IBMが持つ基幹系システムの構 築や運用のノウハウを合わせて共同で営業活動を行う。

 この提携により、USSは日本IBMの顧客層を自社の新規見込み顧客として開拓 が可能となる。一方、日本IBMは既存顧客のシステム化ニーズに総合的に対応 できるようになり、ASP形式による業務系システムにも関心を持つ新規顧客層 の開拓も期待できる。なお、USSでは、同提携により、07年3月期で5億円の受 注獲得を目標としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]