編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

スカイリー、組み込み用P2P無線通信ソフトにIP透過の新製品

ニューズフロント

2006-02-02 16:26

 スカイリー・ネットワークスは2月1日、組み込み用P2P無線通信ソフトウェアの新製品「DECENTRA Advance」の提供を開始すると発表した。2月上旬よりパートナー企業向けに先行提供し、2月下旬よりSDKとして一般提供を始める。

 パソコン、携帯情報端末(PDA)、家電製品などに、機器間の直接通信機能を実装する。新製品は、動作レイヤをIP層の下に移動。ネットワークが透過的に動作するよう改良を施した。

 既存のTCP/IPアプリケーションを修正せずに、アドホックネットワーク上で動作させることが可能。またカプセル化により、暗号化通信に未対応のアプリケーションにトリプルDES暗号化通信機能の付加を行える。このほかゲートウェイモードで動作させることで、メール送受信やウェブサイト閲覧機能などを提供できる。

 無線LANカードやドライバへの依存度が低く、さまざまな動作環境に対応するという。対応プラットフォームはWindows XP/2000、Windows Mobile 5.0/Mobile 5.0 software for Pocket PC、Linux。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]