猛威を振るう新種のDoS攻撃--ダメージは従来よりはるかに深刻

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年03月17日 13時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでに見られたものよりはるかに深刻なダメージを組織のシステムに与える、新しいタイプのサービス拒否(DoS)攻撃が出現したと、VeriSignのセキュリティ責任者が警鐘を鳴らした。

 VeriSignの最高セキュリティ責任者(Chief Security Officer:CSO)であるKen Silva氏は、2005年12月に初めて確認された新種のDoS攻撃は、2006年1月に最もまん延し、4週間前に勢いが収まったと話している。2カ月以内で1500件の個別のIPアドレスが、この手法による影響を受けたという。

 「これらの攻撃は、われわれがかつて見たことがないほど大きなものだった」(Silva氏)

 より一般的なDoS攻撃は、リモート攻撃者に乗っ取られた感染PCであるボットのネットワークが、標的となるユーザーのウェブサーバやネームサーバ、メールサーバなどに大量のクエリを送信するという方法で行われる。こうしたリクエストを処理しようとする被害者のシステムをクラッシュさせることが、DoS攻撃の狙いだ。

 一方、相次いでいる最新のDoS攻撃では、ボットはDNS(Domain Name System)サーバに、標的のアドレスを返信先として設定したクエリを送信する。その結果、ボットではなくDNSサーバが、標的に直接攻撃を仕掛けるという事態が発生する。Silvaは、こうした仕組みによって、攻撃はさらに強力になり、阻止するのも難しくなると述べている。

 ボットのIPアドレスをブロックしてボットによるDoS攻撃を阻止することは可能だが、DNSサーバから送信されてくるクエリを遮断するのはより困難になるとSilva氏はいう。企業が取ることのできる対策としては、自社のDNSサーバをいわゆる再帰的ネームサービス機能を実行しないように再設定することが考えられると、Silva氏は指摘した。しかし同氏は、潜在的な顧客やパートナー企業および研究者などが自社のDNSにクエリを送信できないようにするのを、企業は歓迎しないだろうとも付け加えた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化