MS、XPの海賊版確認プログラムに「黄色信号」を追加

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年02月28日 16時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 つい先日まで、Microsoftの不正コピー防止技術は明確な立場をとっていた。つまり、利用されているWindowsが本物か、偽物かだ。

 しかし、Microsoftが今週行ったアップデートでは、Windowsが正規品かどうか分からない場合用として「黄色信号」が加わった。Microsoftによると、その理由は、不確定な判断が起こりうるため、という。たとえば、ローカルでエラーが生じたときやネットワークエラーが生じた場合、チェック機能が正常に完了しないと同社は説明している。

 今回の黄色信号の追加は、議論を呼んでいる「Windows XP」の海賊版確認機能のアドオンの一部となる。この機能は「Windows Genuine Advantage Notification」と呼ばれており、稼働しているWindowsをMicrosoftが正規品と判断したかどうかをユーザーに知らせるものだ。正規品であることの確認は、Windows XPの機能をダウンロードするほとんどの場合に必要となる。「Windows Vista」では、PCが正規品と確認されなかった場合、一部の機能はまったく使えない。

 「海賊版の可能性あり」と判断された場合、「Windowsの正規品確認が行えません」という意味のメッセージが表示される。海賊版と判断された場合とは違い、このメッセージが表示されても、追加のソフトウェアはダウンロードできる。

 Microsoftは声明文で、「詳細情報と問題解決のためにはここをクリック、このメッセージを無視する、隠す」という選択肢を用意していると記している。

 Microsoftは、今回加わった黄色信号により使用感が改善されることを期待している。「システムやネットワークのエラーのために正確な確認ができない場合、Microsoftはその事実を顧客に知ってもらい、問題を解決する選択肢を提供したい」とMicrosoftは述べている。「検証が失敗することで、本来注意すべきシステム上の他の問題が見過ごされるという事例がこれまでに多くあった」(Microsoft)

 今回の変更は、技術サイトArs Technicaで指摘されていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化