編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本HP、医療機関向け製品の提供を本格化、医療画像などの集約管理ストレージを投入

ニューズフロント

2007-04-02 15:48

 日本ヒューレット・パッカードは4月2日、国内で医療機関向け製品の提供を本格化すると発表した。病院内システムの共通化インフラ(DHI)、医療画像データなどの保存/管理(ILM)、RFID(無線ICタグ)による患者、機器管理の3分野で事業を展開する。

 まずは同日より、医療画像や診察記録の保管用ストレージ「HP StorageWorks Medical Archive Solution」を販売開始する。同製品は医療機関で撮影した高精細な3Dや4D(3D動画)データなどを集約し、ネットワークを通じて各部門に提供する。

 医療機関は、部門ごとに導入している画像情報システム(PACS)や文書管理システムのデータを移行し、より効率よく運用できるという。またストレージをモジュール化しているため拡張が容易で、データが急増した際もテープやDVDに保管せずに済み、検索、閲覧にかかる時間とコストの削減が図れるとしている。

 通信プロトコルには医療業界用のDICOMに加え、CIFSとNFSを採用。汎用アプリケーションと連携する。米国の食品医薬品局(FDA)の定めた信頼性基準と、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)によるデータ運用の安全性基準に準拠する。

 HP StorageWorks Medical Archive Solutionの価格は、5テラバイトのモデルが1350万円。日本HPでは、専用ウェブページを通じて、医療機関向け製品の最新情報を提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]