Canonical、Ubuntu Linux「Feisty Fawn」をリリース

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年04月20日 13時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Canonicalは米国時間4月19日、通称「Feisty Fawn」と呼ばれる「Ubuntu Linux」のバージョン7.04をリリースした。

 この前途有望なUbuntuは、何年も前から市場に参入して多数のソフトウェアやハードウェア製品が対応を認定している「Red Hat Enterprise Linux」やNovellの「SUSE Linux Enterprise」のような商業的地位はまだ確立していない。しかし、Canonicalのソフトウェアは、年2回のアップデート、ユーザーフレンドリーという価値、そしてしゃれたネーミングで多数のファンを集めた。

 Canonicalは、ロゴが1つと、同ソフトウェアのダウンロードが可能な「ミラー」サイトの一覧だけという非常にシンプルなホームページを開設している。サイトの可用性を監視するPingdomによると、同サイトは半日以上アクセスできない状態が続いたという。

 Canonicalの最高経営責任者(CEO)、Mark Shuttleworth氏は電話会議で、「ウェブサイトとミラーサイトにアクセスが殺到した。幸いにも、ミラーサイトが160カ所もあり、そのすべてが更新を行ってFeisty Fawnを配信した。アクセス不能状態はすぐに解消されると思う」と述べた。

 Feisty Fawnは仮想化をサポートし、デバッグを支援する新しいクラッシュレポートツールも搭載するが、Shuttleworth氏が当初望んでいた派手な3Dインターフェースはない。

 Ubuntuは、Dellの会長兼CEO、Michael Dell氏から一方的に支持を得ている。デスクトップLinuxの需要を満たすべく奮闘するDellは18日、Michael Dell氏がFeisty Fawnのインストールされた新しいノートPCを入手したことをDirect2Dellブログで発表している。

 Shuttleworth氏は、そのことについてDellのCEOとは話をしておらず、Dellと何らかの提携交渉があるのかどうかもコメントしないと述べた。しかし、Dellの動きからは「同社が前向きであり、おそらくはUbuntuを検討していることが感じられる」とShuttleworth氏は語っている。

 Ubuntuは現在PCでの人気がもっぱら高いが、CanonicalはLinuxビジネスを立ち上げながらサーバ分野へも進出しつつある。サーバ分野では、同オープンソースOSは「Microsoft Windows」の強力なライバルとなっており、機能的にも多くの管理者が慣れ親しんだ各種バージョンのUnixにかなり近い。Red HatとNovellのLinuxビジネスは、もっぱらサーバ顧客へのサポート契約の販売が中心となっている。

 19日にはさらに、Canonicalが同社のサーバ戦略強化に向けたSun Microsystemsとの提携も発表した。同社はSunのJavaソフトウェアとFeisty Fawnを統合し、これをあらかじめコンフィギュレーションされた各種ダウンロードソフトウェアを通して利用可能にしている。

 Sunは同社の核となる「Java Standard Edition」ソフトウェアをオープンソース化し、2007年前半には完成させると、Sunのデベロッパー製品およびプログラム担当バイスプレジデントJeet Kaul氏は語る。サーバ上でJavaを運用する「Java Enterprise Edition」拡張機能の「Glassfish」プロジェクトや、Javaプログラミング環境の「NetBeans」など、ほかの各種コンポーネントは既にオープンソース化されている。

 Shuttleworth氏によれば、Java SE、Glassfish、およびNetBeansは、すべてFeisty Fawnに対応しているという。

 UbuntuがベースにするDebianバージョンのLinuxの生みの親で、新たにチーフ・オペレーティング・システム・オフィサーに任命されたSunのIan Murdock氏は、「ここまでLinuxディストリビューションにJavaプラットフォーム技術が統合されたのは初めてだ」と語っている。

 NetBeansは自分が「最も好むJava開発環境」だ、とするShuttleworth氏は、Ubuntuに既に統合されている「Eclipse」が最大のライバルだという。

 Ubuntuの次期バージョンである「Gutsy Gibbon」は、10月に出荷が予定されている。同バージョンにも、Feisty Fawnにも、「Dapper Drake」と呼ばれるバージョン6.06のロングタームサポート(LTS)はない。5年間のLTSが提供されるバージョンは、Gutsy Gibbonの後継バージョン登場後になることが濃厚だと、Shuttleworth氏は語っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]