XenSource元CEO率いるPano Logic、仮想デスクトップ技術を発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年08月28日 13時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nick Gault氏は、仮想化技術ベンチャー企業でまだやり足りないことがあるようだ。

 同氏はXenSource設立当初から最高経営責任者(CEO)を務めたが2006年に辞任しており、現在は別の仮想化技術ベンチャーPano Logicを率いている。XenSourceはサーバを主なターゲットにしているが、Pano Logicが米国時間8月27日に行った戦略発表によると、同社はデスクトップPCに注力するという。

 最近話題の仮想化技術を利用すると、1台のコンピュータで複数のOSを同時実行することが可能になる。効果的に用いれば、優先度の変化やハードウェアの不調に応じてソフトウェアを別のマシンに移動させることが容易になり、ハードウェアの利用効率向上、管理の負担軽減、より柔軟性のある情報インフラの構築などが可能になる。Citrixによる5億ドルでのXenSource買収や、話題を呼んだVMwareの新規株式公開(IPO)などからも分かるように、非常に活気ある分野である。

 Pano Logicでは、サーバを複数のパティションに分割するため、VMware製ソフトウェアを利用する。そして、Pano Logicのハードウェアを使い、モニタ、キーボート、マウス、USB機器、オーディオシステムなどをEthernet経由でサーバと安全に接続する。ソフトウェアとしては、無料の「VMware Server」か、より高機能な「VMware ESX Server」が使われる。

 この技術は、2007年9月から利用可能になる予定。

 ComVenturesやFoundation Capitalなどが、カリフォルニア州メンロパークに本拠を置くPano Logicに出資している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算