編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

プロセスIDとプロセスディスクリプタの関連を記憶するためのPIDハッシュテーブルなどを表示するメッセージ

OSSメッセージペディア

2007-09-26 11:00

PID hash table entries: table num (order: order, size bytes)

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

PID(プロセスID)とプロセスディスクリプタの関連を記憶するためのPIDハッシュテーブルの、エントリ数と、エントリ数を決定するためのオーダー数と、PIDハッシュテーブルのサイズを表示する。

本メッセージは、システム起動時に表示される。

カーネルでプロセスIDに対応するプロセスディスクリプタを特定する際に、全てのプロセスディスクリプタを線形探索ではコストがかかり過ぎるため、PIDハッシュテーブルとプロセスディスクリプタを関連付けて探索を高速化している。

PIDハッシュテーブルは、システムに搭載されているメモリ容量などから適切なオーダー数が決定され、ハッシュテーブルのエントリ数は、2オーダー数で計算される。また、PIDハッシュテーブルサイズは、PIDの種類数×テーブルを指すポインタサイズ×エントリ数で計算される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]