Windows Live Hotmailのアカウント情報が流出--フィッシング詐欺が原因か

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:湯木進悟 2009年10月06日 06時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows Live Hotmail」のパスワードが、インターネットに流出したことを、Microsoftがこのほど確認した。同ニュースは、Neowinによって最初に報じられている

 Microsoftによると、先週末のいずれかの時点で「数千単位のWindows Live Hotmailの顧客情報がサードパーティーのサイトに流出したことに気づいた」という。Neowinは当初、このアカウント情報が10月1日にPastebin.comの開発者フォーラムに掲載されたと伝えていた。

 この流出について知らされた後、Microsoftは「すぐにその情報の削除を要請して、ユーザーにもたらされた被害状況の調査に着手した」と、Windows Liveの公式ブログに記されている

 Microsoftは、アカウント情報が「おそらくはフィッシング詐欺のスキーム」を用いて盗み出されたものであると早急に指摘した。また、同社は「社内のMicrosoftデータの欠陥に起因するものではない」と述べた。同社は現在「ユーザーがアカウント制御権を取り戻せるように努めているところである」という。

 米CNETは、この件に関してMicrosoftにコメントを求めたものの、すぐには回答が得られなかった。

 Microsoftは、実際にアカウント情報の流出の影響を受けた数を明らかにしていないものの、Neowinは、当初のリストでは「A」と「B」で始まる名前のアカウントが影響を受けていたと報じている。

 Twitterや他のソーシャルネットワークは、パスワードの変更を勧める書き込みであふれている。Microsoftも公式ブログへの投稿で、今回のフィッシング詐欺の影響を受けたと感じている人々に対して、速やかにパスワードを変更するように勧めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算