編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ソランとSAPジャパン、SAPソリューション導入に関する包括的協業体制の構築に合意

ZDNet Japan Staff

2009-10-26 14:45

 ソランとSAPジャパンは10月26日、国内と海外におけるSAPソリューション導入サービス支援での協業体制を構築。戦略的に共同事業計画を策定し、実施することに合意したと発表した。

 この合意には、顧客管理ソフトウェアの「SAP Customer Relationship Management(CRM)」や、分析ツールの「SAP BusinessObjects」を中心としたソリューションの販売、構築における協業や、ソラン社内におけるSAPソリューションビジネスの推進体制の確立、共同での特定業界における戦略的な販売プランの策定、マーケティング、プリセールス、プロジェクト推進から導入完了後のアップグレード支援サービスの提供など、顧客に対する長期的、継続的な支援サービスの提供が含まれるとする。

 この協業により、ソランは、SAP CRMの業界向けテンプレートおよびSAP CRMとSAP BusinessObjectsとの連携テンプレートを開発。主に金融、物流、情報サービス業界を中心に販売を推進する。また、ソランは社内にSAPソリューションを技術検証する「ソラン−SAPコンピテンスセンター」を2010年3月に開設する予定だ。同センターでは、SOAに基づくSAPプラットフォームソリューションの開発、検証、ユーザーのシステムを最新のSAP ERPにアップグレードする際の検証、ならびにソランの自社サービスとSAPソリューションの連携についての検証を行う予定。SAPジャパンでは、技術情報の提供をはじめとした、開発、検証における支援を行う。

 また、両社は中国における事業展開にも注力していく。SAPジャパンは、SAP中国へのパイプ役となり、ソランが現地企業を対象にSAPソリューションを拡販するために、SAP中国および現地のSAPビジネスパートナーとの協業を支援していく。また、両社共同でマーケティングおよびプリセールス活動を行うことにより、顧客の要望・課題をより的確にとらえ、迅速に顧客への提案を実現することが可能になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]