編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ジュニパー、新チップセット「Junos Trio」と搭載製品を発表

鳴海淳義(編集部)

2009-10-30 19:11

 Juniperは10月29日、ニューヨーク証券取引所で会見を開き、新しいチップセット「Junos Trio」とその搭載製品を発表した。

 4つのチップで構成されるJunos Trioは帯域幅、サブスクライバ、サービスの3方向にスケールできる、3Dスケーリングテクノロジが特徴だ。処理速度は最大で2.6Tbps。Junos Trio搭載製品は競合と比較して2〜3倍の性能と低消費電力を実現するという。

JuniperがJunos Trioチップセットを競合製品と比較した図JuniperがJunos Trioチップセットを競合製品と比較した図

 「Junos Trioは世界最速のエッジ向けチップセット。開発には過去5年間で8億ドル以上を投資してきた」とJuniper創業者兼CTOのPradeep Sindhu氏は話す。

 Junos Trioはルータ製品「MXシリーズ」向けのモジュラーラインカードと3.5インチルータの新製品に搭載される。モジュラーラインカードの新製品は3モデルが登場する。「16x10GbE Card」が2009年12月、「Universal Edge Card」が2010年前半、「Modular 100GbE」が2010年後半に出荷される見込み。

 2010年上半期にリリース予定の3.5インチルータ「MX 80」は小型ながら80Gbpsのスループットを実現する。バイスプレジデントのKim Perdikou氏は、「MX80のスループットは競合製品に換算すると8台分のパワーに相当する」と強くアピールした。

MX80の隣に競合製品8台分を表す模型が展示されていた。MX80の隣に競合製品8台分を表す模型が置かれていた。

 ニューヨーク証券取引所に展示されていたMX80は記念すべき第一号機。筐体は開発者のサインで埋め尽くされていた。

サインだらけのMX80台一号機と、その上に置かれたJunos TrioチップセットサインだらけのMX80台一号機と、その上に置かれたJunos Trioチップセット

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]