編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

マイクロソフト、早くも「Office 15」の作業に着手

2009-12-09 16:01

 Microsoft Access Team Blogのエントリによれば、「Microsoft Office 2010」(開発コード:Office 14)もまだ発売されていないというのに、Microsoftは早速次期版の「Office 15」の作業に着手しているようだ。

 同エントリは「みなさん、こんにちは!Office 2010はまだ出荷されていませんが、そんな中、レドモンドの本社ではOffice 15の作業がすでに始まっています。改善の対象として取り組んでいる分野の1つとして挙げられるのがSQL Serverのサポートです。コミュニティーから聞いたところでは、これがもっとも歓迎される分野なのではないかと思っています。現時点では何も約束はできないのが申し訳ないですが」という書き出しで始まり、SQL Serverに関して読者からのコメントを求める内容になっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト

  2. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. セキュリティ

    6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは

  5. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]