編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

シマンテック、モバイル端末向けDLP製品を開発中--セーラムCEO、来日会見で明かす

田中好伸 (編集部)

2011-09-27 18:51

 米Symantecが情報漏洩防止(DLP)製品をタブレット端末やスマートフォン向けに開発を進めている。来日している同社社長兼最高経営責任者(CEO)のEnrique Salem氏が9月27日の会見で明らかにした。

 TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアの企業内利用が今後も普及するのは、もはや誰の目にも明らかだ。そこで問われてくるのが企業内の情報をいかに制御するかという課題である。

写真 Enrique Salem氏

 これまでのDLPはメールやウェブを主な経路として考慮されていたが、これからはもう一つの経路も考える必要がある。従来のPCとは別のタブレット端末やスマートフォンという経路。いわゆるコンシューマライゼーションの流れだ。コンシューマライゼーションとソーシャルメディアという2つの流れが合流するのは、企業にとって歓迎すべきことだが、いかに情報を制御するかという点を考えると、諸手を挙げて喜ぶべき事態とは言えない。

 Salem氏が「企業としては情報の動きを制御したいと考えるが、エンドユーザーの立場としては自分のプライバシーを守りたいと考えている。この線引きは難しい」と語るように、コンシューマライゼーションとソーシャルメディアの合流に対して、いかに企業内の情報を保護するべきか。その課題に対してSymantecはタブレット端末とスマートフォン向けにDLP製品を開発するという回答を出している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]