編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シマンテック、DLP最新版--プラットフォームをオープン化、他社製品とも連携

小山安博

2010-02-08 19:08

 シマンテックは2月8日、情報漏洩防止(DLP)プラットフォームの最新版「Symantec Data Loss Prevention 10」の提供を開始すると発表した。プラットフォームをオープン化し、ほかのセキュリティ製品との連携が強化されている。

 Data Loss Preventionは、企業にある機密情報を検出、監視し、暗号化などで保護して漏洩を防止するためのソリューション。今回は新たに日本語にも対応し、日本特有のポリシーの提供が可能になっている。

 Data Loss Prevention 10に搭載される、新しい「FlexResponse」機能を使うことで、機密データを含むファイルに暗号化やERM(Enterprise Rights Management)などのポリシーを自動適用できる。複数のベンダーと提携することで幅広いオプションが提供され、マイクロソフトの「Active Directory Rights Management Services(ADRMS)」を使ってERMを適用することも可能だ。

 ほかのソリューションとの連携もサポートしており、たとえば機密情報をUSBドライブにコピーしようとした際に「Symantec Endpoint Protection」を呼び出して、USBメモリを使用不可にする、といったことができる。

 XMLとWebサービスへの対応も追加されており、セキュリティ管理コンソール「Symantec Control Compliance Suite」や他社製品を含むさまざまなソリューションへDLPデータを送信することも可能。SaaS型メールセキュリティソリューション「メッセージラボ ホステッドメールエンクリプション」などのユーザーであれば、ゲートウェイインフラを利用しなくても発信メールに含まれる機密情報の監視、保護に対応している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]