編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

シマンテック社長、営業部隊の再編や国内開発部隊の重要性を語る

藤本京子(編集部)

2010-02-05 20:19

 シマンテックは2月5日、事業戦略説明会を開催した。同社 代表取締役社長の加賀山進氏は、過去にはシステムを保護することが重要視されていたが、今では情報を保護することが大切だとして、「情報の可用性を確保し、情報の安全性を守る。そして情報のコンプライアンスを保つという3つのすべての階層でソリューションを提供する」と述べた。

 この方針を軸に、シマンテックでは4つの事業戦略を立てている。それは、コンシューマーとエンタープライズの両市場においてセキュリティ分野でのリーダーシップを強化すること、バックアップやリカバリをはじめとする次世代情報マネジメントへの移行においてもリーダーシップを強固なものにすること、SaaSビジネスを拡張すること、そしてインフラをコモディティ化することで異機種混在環境を簡素化し、コスト削減に結びつけることだ。

加賀山氏 シマンテック 代表取締役社長 加賀山進氏

 これらの事業戦略を実現するために、シマンテックでは「販売体制、パートナー支援施策、製品サポート体制を強化する」と加賀山氏は言う。

 2月2日に発表した富士通とのグローバルにおける協業も、販売体制の強化の一環だ。シマンテックがグローバルにおいて戦略的な協業を行う「グローバルストラテジックパートナー」としては、IBMやHewlett-Packard、Dell、Accenture、VMwareなど12社のグローバル企業が名を連ねていたが、ここに日本企業として初めて富士通が加わった。このパートナーシップでは、富士通のストレージやサーバにシマンテックのソリューションを組み合わせた製品をグローバルで展開することはもちろん、「両社の強みを生かした製品を共同開発することも視野に入れている」(加賀山氏)という。

 シマンテックではビジネスソリューションも強化し、同社の新年度にあたる4月からはエンタープライズ担当の営業を産業別に再編するという。加賀山氏は、「パートナーは産業別に営業を配置しているケースがほとんどで、パートナーとの仕事のやりやすさを考えてわれわれも産業別にする必要がある」と説明、営業担当者を約20%増員した上で、金融、製造、テレコム、流通、公共の5つの産業にわけて再編するとした。

 パートナーについては、プログラムの充実や得意分野に的を絞った「スペシャライゼーション」を推進するなどして支援を強化する。特に、2009年12月に開始したSMBスペシャライゼーションは、「2010年3月末までに20社のパートナーにサインアップしてもらうよう目標を定めていたが、すでに12月末の段階で22社がサインアップしたため目標を上方修正し、今年3月末には50社、2011年3月末までに100社に参加してもらいたい」と加賀山氏。今後はDLP、アーカイブ、データ保護といったソリューション別にもスペシャライゼーションを増やしていくという。

 製品サポートにおいては、ハードウェア認証や技術検証、修正プログラムの作成などを担当する「Japan Engineering Center」と、日本向けのローカライゼーションやローカルコンテンツの開発、サポート、品質保証などを行う「Japan Development Center」という2つの国内開発部隊を置く。「外資系ソフトウェアベンダーで国内に開発部隊を置く企業は少ないが、日本の顧客は製品の使用形態が複雑なほか、品質には非常に厳しいという特徴がある。市場の要求度が違うため、このような開発部隊が国内に必要だった」と加賀山氏は説明、日本に開発リソースを割くことの大切さを強調した。

 こうした戦略により、「顧客満足度、パートナー満足度、社員満足度のすべてにおいてナンバーワンのソフトウェアベンダーを目指す」と加賀山氏は述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]