DRAM価格が円安反転で上昇--エルピーダ破たんの影響を指摘する声も

怒賀新也 (編集部) 2012年03月09日 11時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MM総研の調べで、DRAMの価格が上昇局面に転じていることが分かった。2月からの円安により、輸入に頼る傾向にあるDRAMの価格が上昇しているとの指摘がある。3月8日時点で1週間前に比べ平均50円上昇。急激な価格変動で仕入れを見合わせる店舗も出てきているようだ。エルピーダメモリの経営破たんを原因の1つに挙げる声もある。

 3月8日現在、東京・秋葉原のPCパーツショップのDRAMの店頭平均価格は約2750円。1月から2月にかけて価格が下がり続けていたものの、3月に入り8日までの1週間で平均50円上昇した。

2012年1月~3月までのDRAM価格推移(秋葉原の量販店とPCパーツショップの店頭平均価格をもとにMM総研が調べた)
2012年1月~3月までのDRAM価格推移(秋葉原の量販店とPCパーツショップの店頭平均価格をもとにMM総研が調べた)

 円相場を見ると、3月7日の終値が1ドル80円86銭。円安への反転が始まった2月2日の1ドル76円11銭から約5円も円安に振れた。秋葉原のPCパーツショップでは「最近1、2週間で500円上がった商品もあった」という。

 流通関係者の間ではこの傾向はしばらく続くとの見方が多い。店頭の価格表には「品切れ」の表示が目立ち始め、ある量販店スタッフは「価格の上昇で仕入れられなくなった商品もある」と話しているようだ。

品切れの表示が目立つDRAM価格表
品切れの表示が目立つDRAM価格表

 DRAM専業のエルピーダメモリの経営破たんの影響について、流通業界での意見は分かれた。「製造を停止したわけではないので供給に影響はない」とする店舗がある一方で、「強く影響を受けた」とする店舗もあったとする。エルピーダ破たんを受け、供給不安から市場では一部品薄感がでてきており「小さいパーツショップまで商品が回ってこなくなった」と不安を訴える声もあるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算