「Ubuntu for phones」について、知っておくべき5つのこと

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2013年01月16日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話に搭載される「Ubuntu Linux」、すなわち「Ubuntu for phones」がどういったものになるのかについて、多くの混乱が見受けられる。本記事ではそういった混乱を解消できるよう、いくつかの疑問に対する答えを提示する。

 以下は、Ubuntu for phonesの現在の姿について知っておくべきことである。

 CanonicalはUbuntu Linuxをスマートフォンに搭載しようとしているものの、その本当に意味するところは何なのだろうか?筆者はこれに関する数多くの混乱を目にしてきている。こういった混乱は、Linuxやスマートフォン関係の他のプロフェッショナルの間でさえも見受けられる。このため、Ubuntu for phonesに関するあれこれを本記事で簡単にまとめてみることにした。


#1:これはUbuntuであり、携帯電話のためのUbuntuではない

 まずはこの点を押さえてほしい。Canonicalはスマートフォン向けのUbuntuを近々リリースする予定であるものの、MicrosoftのARM搭載機器向け「Windows RT」やスマートフォン向け「Windows Phone 8」とは異なり、各デバイス向けに違ったバージョンをリリースしようとはしていない。2014年4月に予定通り「Ubuntu 14.04」がリリースされた暁には、単一のUbuntuイメージでスマートフォンやスマートTV、コンピュータをサポートできるようになる。

#2:「Ubuntu Phone」がすぐに購入できるようになるわけではない

 Ubuntuの創始者であるMark Shuttleworth氏は米国時間1月2日、Ubuntu for phonesが早ければ2013年の遅くか2014年に登場すると記者会見において発表した。なお筆者は、2014年になるだろうと予想している。

 誤解しないでもらいたい。このテクノロジが実現されることは間違いない。問題は、通信キャリアに採用してもらえるかどうかという点にある。

 実際、Shuttleworth氏は、Ubuntuでは「通信キャリア自身のコンテンツが提供できるようになるとともに、それらコンテンツはエコシステムからのものと同じ扱いとなる。このため携帯電話メーカー、あるいは楽曲や映画、その他のコンテンツを提供する事業者は、自らのユーザーやその他のユーザーに対して、後付けや副次物のように感じられない方法で直接、自らのコンテンツの普及を促進できるようになる」と述べている。そして、それはそれで素晴らしい話であるとはいえ、Canonicalは以前にもハードウェアパートナーについて語ったことがあるものの、実際にはそういったパートナーはまだ現れていない。

 大手の通信キャリアやスマートフォンベンダーが実際にUbuntu for phonesの採用を発表した暁には、携帯電話の世界におけるUbuntuの将来性について筆者は今よりもずっと安心できるようになるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]